本文へスキップ

笑顔あふれる毎日を目指し、歯科と介護の両面で皆様をささえます。

販売事業部へのお問い合わせはTEL.099-257-6689

〒890-0055 鹿児島市上荒田町2-17 第2育英ビル

デンチャーブラシの使い方denture brush how to use

デンチャーブラシを正しくお使いいただくために


デンチャーブラシの使い方はとても簡単ですが、ご使用の前にこちらの使い方をよくお読みくだますようお願いいたします。

かんたん3ステップできれいに洗えます!!


お使いの入れ歯と、デンチャーブラシを準備してください。


デンチャーブラシを平らなところに置いて、入れ歯をデンチャーブラシに押し当てます。
片手で本体を押さえながら、入れ歯をブラシの中で回転させてください。
ブラシの底に滑り止めがついていますので、片手でも磨くこともできますが、滑りやすい場所や、不安定な場所では本体を手に持ってご使用ください。


入れ歯の表面・裏面とも磨いてください。水を流しながら磨くことをおすすめします。


デンチャーブラシで磨いた後は、できるだけブラシ部分を本体から取り外し、ブラシ部の汚れを取った後、風通しの良い所でよく乾燥させてください。
必要に応じて入れ歯洗浄剤をご使用ください。


デンチャーブラシのご使用上の注意

デンチャーブラシ


取り換え目安
毛先が曲がってくると、刷掃効果が低下します。
また衛生的に保つためにも半年を目安にブラシを交換してください。
ご使用後のお手入れ
入れ歯を磨いた後、ブラシについている汚れはなるべく取り除き、清潔な状態でご使用ください。
ご使用場所
不安定な場所、滑りやすい場所でのご使用は、ブラシ本体が床下に落下、破損の原因となりますのでご注意ください。
本体の取り扱い
デンチャーブラシの構造上、フタが外れやすくなっております。持ち運びの際、ご使用前の落下に十分ご注意ください。
保管について
直射日光の当たる場所での保管は避けてください。
また、熱湯消毒・煮沸消毒は避けてください。変形、劣化の原因となります。
ブラシ部の取り扱い
ブラシ部のヒンジ部分(折り曲がる部分)は、無理に引っ張ったりすると破損の原因となります。
本体裏の滑り止め
本体裏面の滑り止めの接着剤が劣化しますと、滑り止めのシリコンが外れてしまうことがあります。紛失や誤飲にご注意ください。
磨く際の力加減
ブラシでの磨きすぎは義歯の傷つきの原因となります。必要以上に義歯を擦らないようにご注意ください。
デンチャーブラシ取り扱いガイドはこちら
右図をクリックするとガイドを製品に同梱されているガイドをご覧いただけます。

shop info店舗情報

有限会社アジャスト 販売事業部

〒890-0055
鹿児島市上荒田町2-17 第2育英ビル
TEL.099-257-6689
FAX.099-802-4781